スコ丸ブログ

好きなことの感想とかまとめとか。それが人のためになれば良し。

営業メソッドから見るおすすめ合コンマインドセット 3点盛り

f:id:sucomaru:20190526211442p:plain

 ガス屋で高級機器営業も担当していたスコ丸です。初めた当初は全く売れず、百万以上する機器を売ることにも気が引けてしまい、弱腰でした。しかし、色々経験を積むうちに、自らが他社さんで売り方指導をするようにもなりました。

 その時に思ったのです。「このメソッドは、日常生活でも使える!」と。

 それでは、いってみましょう!

 1. 自分で評価しない

 これ、昔のパワハラ上司なんかに言われませんでしたか?「お前が良いかどうかは他人が決めるんだよ!(キメ顔)」

 全くナンセンスです! この言葉の意味はそんな意味じゃない。

 物を売る時、カッコよく「ウォンツ、ニーズ、シーズをマーケット中に…」とか言いますが、そんなことを言ってたって売れません。

 「要りません」って言葉の奥には、「お金がないから」「別に興味ない」etc…です。ってことは、なにがしか理由があって要らないのです。そこに上手く口説いて売っても、結果的にクレームになります。

 最高の売り方は、一番シンプルな「欲しい」→「売る」です。これだけ!

 この「欲しい」と思っている人を探すことが営業なのです。

 つまり、合コンは「ありのままのあなたを好きな人を探す場」なのです。

 これが大前提!

 でも、「今までの合コンで上手く行ったことなんて一度もない」って言いたいのでしょ?

 本当にそうですか? 何度も合コンを繰り返しても、来ている方々が同じ感じのタイプなら駄目ですよ?

 そう、色々なところにアクセスして、色々な人と会いましょう。そして、会ってみてありのままの自分で話して、自分なりの魅力をアピールしましょう。

 あなたは、あなたが思うよりも相当魅力的です。ただし、その魅力に気付ける人は沢山は居ないかもしれませんが。

 

2. 自分らしく魅力的になる。

 営業に行く前に、機器の魅力が何かを確認しなくてはなりません。「お湯の圧力が高くて気持ち良い」、「音が小さい」に始まり、「ランニングコストは割高であるが、イニシャルコストは大幅に安く導入しやすい」とか「お風呂の追焚が早いから、遅くに帰ってくる人に向いてる」とか、ガスの機械と他の機器との差はありまくりです。

 差を確認して、欲しがらせるということです。

  合コンを企画してもらったり、人と合う前に、あなたの自己分析はお済みでしょうか?

 自分の魅力って何だろう。

 橘玲の「言ってはいけない」には「子供の知能は、遺伝と周囲の環境(友人関係)によって決まる」という話があります。

 もし、あなたの魅力が「頭が良い」だとすれば、あなたは遺伝と友人関係が良かったということです。

 何が言いたいかというと、その人の持ち味というのは、後天的に得たものが多いということです。

 今までの経験を思い出し、楽しくやってきたことを書き出してみましょう。

 きっとそれがあなたの魅力です。

 

3.最低限度のことは気をつける「清潔感」

 営業して売る時、身だしなみマナー等はとにかく気をつけます。なぜなら、これらで購入のキッカケになることは無くても、購入をやめるキッカケには十分なり得るからです。

 合コンで言えば「減点は避け、ありのままの自分で居る」ことです。

 合コンの減点の場面は、かなり有るでしょうし、それらを全て避ける事は不可能です。しかし、地雷原を裸足で駆け抜けるような事は避けたいところ。

 洋服は、お洒落が得意な方はいいですが、全くわからない人は「モノトーン」と「キレイめ」を押さえるだけでいいと思います。それでも、減点になったら、運が悪かったと諦めるだけです。

 あとは清潔感です。女性のいう清潔感とは、単純に単位面積あたりの細菌量では無いようです。

 ここで、清潔感とは気づくか気づかないかの「気遣い」と定義します。

 整髪料も、「付けてる」と分かったら清潔感はダウン。でも、全く付けてなくてもダウン。何かの拍子で付けてると分かるくらいがベストです。香水も同じ。

 毎日、肌の化粧水も付けて吹き出物や肌荒れを防ぎましょう。肌荒れに「気をつけている」という姿勢も気遣いです。

 

まとめ

 営業メソッドの指導をしている時の、一部を合コン向けに変えてみました。

 合コン向けの記事って、よくありますが「お持ち帰りできる8っつの方法」とか下品だし、そもそも「一夜の相手を探している人」よりも「合コンを楽しみたいけど嫌な思いもした」って人の方が多いように思います。

 営業も同じで、営業で嫌な思いをする人って凄く多いです。しかし、きちんと方法を押さえて、製品の魅力、自分の魅力、自社の魅力と三位一体で話していくと、会話も盛り上がるし、何より話している自分が楽しくなってきます。

 もう行くこともありませんが、これからって方の参考になればと思い筆を取りました。